USCPA(米国公認会計士)スクール

TACのUSCPA(米国公認会計士)コースの評判 口コミ

投稿日:

資格といえばTACというイメージがあるくらい認知されている、1部上場企業のTAC。

TAC USCPAコースの評判や実際に僕が感じた事を書いていきます。

TACのメリット

  • ベッカー教材が利用できる
  • 割引を利用すると結構安くなる

TACは海外最大手のベッカーというUSCPA参考書会社と提携し、ベッカーの教材+TACの教材といった2つの教材を提供しています。

このベッカー教材を利用できるのが最大のメリットです。

USCPA合格者の成績上位10位の人のほとんどが、このベッカーを利用しています。

TACの教材について

TACの講義は黒板に板書していく昔ながらのスタイルです。

紙のテキストは分かりやすく書いてあり、初学者でも理解できます。

ベッカー教材について

ベッカー教材は素晴らしいです。紙とeラーニングが用意されています。

eラーニングはIDを登録することで、答練も可能です。ベッカー教材が海外で人気NO1なのもうなずけます。

割引に関して

TOEICや簿記に対しての有資格者割引が多く存在します。また株主優待で受講料を割り引く事も可能です。

割引優待は金券ショップや、ネットオークションにもでています。

TACのデメリット

  • 校舎がアビタス、プロアクティブと比較すると汚い
  • 黒板を書いていくスタイルなので、待っている時間が無駄

ここまでは個人の感じ方もあるので、デメリットにあげなくても良いのですが、次にあげる項目は忙しい人には致命的だと思います。

  • 受験資格をそろえるための、単位試験が自宅で受験できない
  • スタッフが受験手続きに関して理解していない
  • 教材のボリュームがありすぎる
  • 自宅で単位試験が受けられない

まず、受験資格を揃えようとした時に、アビタスとプロアクティブは自宅で単位試験が可能です。忙しい人でも空いた時間で受験資格を満たせます。

TACはプロメトリックテストセンターまで足を運んでの受験になるので忙しい人は、受験資格をそろえるのが大変です。

スタッフがUSCPAの受験手続きを知らない

色々な資格を扱っているための弊害ですが、スタッフがUSCPAについて知らないため、窓口で質問をしても回答はもらえません。

もちろん、詳しい方から後で回答をもらえますが、忙しい人にとっては、その場で回答をしてもらった方が楽です。

アビタス、プロアクティブは受験手続きの事であれば、窓口ですぐに回答がもらえます。

教材のボリューム

他のスクールに比べ講義回数が倍近くになっています。

ベッカーは会計を学習している人を前提に作成されています。そのためベッカーを理解するために、TACが作成した教材をまずはじめに学習することになります。

僕はこのテキストの分量に圧倒され、TACを選択肢から外しました。

まとめ

TACは総合商社のように様々な資格を扱っています。そのため力を入れている資格とそうで無い資格が存在します。

残念ながら、USCPAはそこまで力をかけていない資格だと思われます。

黒板スタイルの動画に対しアレルギーが無く、テキストの分量にも圧倒されない方(最後まで学習できる方)は問題ないと思います。

アビタスのUSCPA(米国公認会計士)コース

例えば、ユニットサイズの教材や、問題全問解説動画、5年間無料サポート、単位試験が自宅受験可能電子テキスト、といったUSCPA受講生にとって学習しやすい環境を提供 しています。

特にユニットサイズ(eラーニング)の教材は、空いた20分間で一単元だけ学ぶといった事が可能で、忙しい人でも学習が可能です。

人気記事

1

USCPAを考えた時に選択肢に上がってくる、USCPAスクール最大手のアビタスです。 アビタスはUSCPA業界において最大手で、TACや大原といった大手スクールよりUSCPAに関しては、入会者数、合格 ...

2

グアムが2017年5月1日に受験条件を変更しました。 まだ、5月1日現在この情報をどこのスクールも告知していませんが、グアムの願書には以下の様な記載があります。 You may qualify to ...

3

2016年のUSCPAの転職市場に関して書いていきます。 USCPAを考える人の大半は転職だと思っています。 USCPAは日本の会計士の様に監査といった独占業務が無いので、転職は外資系企業が多いと考え ...

-USCPA(米国公認会計士)スクール

Copyright© USCPAで人生が変わったニート , 2019 AllRights Reserved.