USCPA(米国公認会計士)合格後に思うこと

転職エージェントは嘘ばかり?自分の市場価値を見極める

投稿日:

転職をするときに行うことは何でしょうか?

「自分の市場価値を高める」っていうのも大事ですが、まずは「自分の市場価値を知る」事が重要だと考えます。

自分の市場価値を知る方法

市場価値を知る方法は簡単です。転職活動をしましょう。実際に転職するわけではないですが、転職エージェントに登録して様々な求人オファーをもらいましょう。

その際に、1社の転職エージェントでは無く、複数社登録します。大きいエージェントはもちろん、小さいところも登録しておきましょう。

何社も登録する理由は、転職エージェントとによって、紹介してくれる求人が違うからです。医者で言うところのセカンドオピニオン的な感覚で、沢山の人に評価してもらいましょう、てことです。

自分の予想よりも高いのか、低いのか。高かった場合は、もっと自信を持ちましょう。逆に低かった場合は、なぜ低かったのか考えましょう。

そして、自分の希望する市場価値になるには、どのスキルが足りないのか考えて足りないスキルを足していけばOKだと思います。

2016年は好景気で、質の悪い転職コンサルタントも増えてきています

2016年の転職業界はコンサルタント不足です。そのため質の悪い転職コンサルタントも沢山います。

転職コンサルタント1年目の業界知識も無いような、新人がやっているエージェントも多いです。その場合、テンプレートに当てはめた回答や求人情報しかくれません。

新人でも親身になって様々な提案してくれることもありますし、無駄に年を食ってテンプレート提案のコンサルタントもいます。

実際私はキャリアエージェントのいうことを聞かずに、就職をしないでUSCPAを学習し合格後に監査法人へ入所しました。

おそらく、キャリアエージェントの言うことを、そのまま聞いて就職していたら、今の給与や今のスキルは身についていなかったと思います。

USCPA合格でも就職できない!?

しかも合格後に大手の転職エージェントに行ったら、27歳でフリーターしか経験のない人は監査法人への応募は難しいと言われました。

勤め先の飲食店(アルバイトとして勤務)にくる監査法人のオッサンに相談したら、「そんなことはないよ。このエージェントに問合せてみて」といわれました。

紹介してもらった、エージェントのコンサルタントに会ったら「英語が少し弱いけど、若いから問題ないよ。応募しましょう。」といってもらえ、そこから3週間程度で監査法人へ入所が決まりました。

 

市場価値の注意点

市場価値が高かった場合でも注意が必要です。市場価値は景気と同じで上ったり下がったりします。IFRS対応が騒がれている時はIFRSの知識保有者が優遇されるでしょう。IFRS対応が下火になれば、知識保有者の価値は下がります。

しかも、年齢を経るにつれ市場価値は減っていきます(スキルがそのままの場合)。もちろんスキルがそのままというのは、仕事をしていく上で考えづらいですが、成長が鈍化する事は大いに考えられます。

市場価値を高い状態で保つためには、スキルの成長を止めない。成長が止まりそうな環境であれば、成長できる場所へ転職するか、資格等を取得して客観的な評価を得ておくことが必要です。

アビタスのUSCPA(米国公認会計士)コース

例えば、ユニットサイズの教材や、問題全問解説動画、5年間無料サポート、単位試験が自宅受験可能電子テキスト、といったUSCPA受講生にとって学習しやすい環境を提供 しています。

特にユニットサイズ(eラーニング)の教材は、空いた20分間で一単元だけ学ぶといった事が可能で、忙しい人でも学習が可能です。

人気記事

1

USCPAを考えた時に選択肢に上がってくる、USCPAスクール最大手のアビタスです。 アビタスはUSCPA業界において最大手で、TACや大原といった大手スクールよりUSCPAに関しては、入会者数、合格 ...

2

グアムが2017年5月1日に受験条件を変更しました。 まだ、5月1日現在この情報をどこのスクールも告知していませんが、グアムの願書には以下の様な記載があります。 You may qualify to ...

3

2016年のUSCPAの転職市場に関して書いていきます。 USCPAを考える人の大半は転職だと思っています。 USCPAは日本の会計士の様に監査といった独占業務が無いので、転職は外資系企業が多いと考え ...

-USCPA(米国公認会計士)合格後に思うこと

Copyright© USCPAで人生が変わったニート , 2019 AllRights Reserved.