USCPA(米国公認会計士)合格後に思うこと

海外駐在は時間が取れるので、資格を取得しよう

投稿日:

大学時代の友人が海外赴任となり、3年程度アメリカに行くという事で、久しぶりにご飯を食べることに。

中堅の商社勤務の彼は、大学時代に会計士を目指した事があり簿記1級を持っている。

そのおかげもあってか、今度の赴任では財務マネージャーとして新会社立ち上げに参画するとのことだった。

そんな彼が、「M&A案件とかで、会計士と話すんだけど分からない事が多すぎる。しかも今後は海外の会計士ともやり取りをしなきゃいけない。どーすればいいかな?」と、3年前迄ニート(フリーター)だった私に相談してきました。

時間があるならUSCPA(米国公認会計士)の学習すればと伝え、USCPAのメリットや、スクールを利用すると楽に受験まで辿り着く事を説明しました。

商社の海外駐在は実は時間が取れる

ただ内心、新会社立ち上げでアメリカに行くから、すごく忙しくて無理なんだろー、って思っていたら「海外赴任は日本で働くよりも楽。しかも、米国の場合日本と真逆の時間帯だから、本社からの突然の指示とかなく、毎日のスケジュールが立てやすい」との事。

実際、彼の先輩も赴任中にUSCPAを勉強して合格してるとの事でした。

なるほどね、USCPA自体を知ってて、学習開始の後押ししてもらいたかったんですね。

商社の仕事自体(営業の人でも)が、お金に関わる事なので、USCPAで学ぶ内容はすごくいきるし、名刺にUSCPAって書く事で、ビジネスパートナーとのやり取りをも楽になるようです。

アビタスのUSCPA(米国公認会計士)コース

例えば、ユニットサイズの教材や、問題全問解説動画、5年間無料サポート、単位試験が自宅受験可能電子テキスト、といったUSCPA受講生にとって学習しやすい環境を提供 しています。

特にユニットサイズ(eラーニング)の教材は、空いた20分間で一単元だけ学ぶといった事が可能で、忙しい人でも学習が可能です。

人気記事

1

USCPAを考えた時に選択肢に上がってくる、USCPAスクール最大手のアビタスです。 アビタスはUSCPA業界において最大手で、TACや大原といった大手スクールよりUSCPAに関しては、入会者数、合格 ...

2

グアムが2017年5月1日に受験条件を変更しました。 まだ、5月1日現在この情報をどこのスクールも告知していませんが、グアムの願書には以下の様な記載があります。 You may qualify to ...

3

2016年のUSCPAの転職市場に関して書いていきます。 USCPAを考える人の大半は転職だと思っています。 USCPAは日本の会計士の様に監査といった独占業務が無いので、転職は外資系企業が多いと考え ...

-USCPA(米国公認会計士)合格後に思うこと

Copyright© USCPAで人生が変わったニート , 2019 AllRights Reserved.